相続の方法について

相続の方法について

相続には3つの種類があり、相続人は一つを選びます。

単純承認

被相続人の財産をすべて相続すること。

プラスとマイナスの財産すべてなので、たとえば借金などの負債も抱えて返済する義務も引き受けるということ。

限定承認

プラスとマイナスのどちらの財産が多いかが分からない場合の相続方法。
プラスの財産が多い場合は、マイナスの財産を返済して残った財産を相続する。
マイナスの財産が多い場合は、プラスの財産の範囲内でのみ債務の返済をすれば足りる。
良いこと尽くめのようですが、きちんと財産目録を調整し、適正に返済することが必要であり、現実的には弁護士に依頼して清算手続きをして貰うことが良いでしょう。

相続放棄

プラスとマイナスのどちらの財産が多くても、相続を放棄すること。
債務を返済しなくていいので、明らかにマイナスの財産がプラスの財産よりも多い場合は、この手続きをとることができます。
但し、後順位の相続人が繰り上げになる可能性がある【同順位が全ていなくなれば】ので、後順位の相続人にも知らせておくのがベターです。

相続放棄の重要性と条件について

「相続放棄」とは、被相続人の財産すべてを相続しないことです。
また、法的手続きを経て相続の放棄を完了したことを債権者などに認めさせる方法でもあります。

明らかに債務などマイナスの財産が多い場合や、身内で争いたくない場合、相続する権利と義務を自ら放棄することができるのが、この方法です。
親の借金を背負いたくない場合も相続放棄を選べば、返済に苦しむことはないため、重要な選択といえます。

但し、相続財産の処分など放棄できなくなる事由がありますので、放棄を考えるのであれば、相続財産に触れないのが無難です。

相続放棄の手続き

法律上、相続放棄は被相続人の死亡日から3カ月以内に家庭裁判所へ申述しなければなりません。
しかしながら、被相続人が死亡したことや借金があったことを知らなかったなど特別な場合、3カ月が過ぎたからとあきらめるのは早計です。
家庭裁判所に「相続放棄のための申述期間延長」を申請すれば、期間を延長してもらえる場合があるからです。

徳永高法律事務所 電話番号:092-791-4309 24時間WEB予約
24時間WEB予約
お問合せはこちら
staff blog 徳永高法律事務所 オフィシャルサイト